“コミケとは、コミックマーケットの略称であり世界最大規模の同人誌即売会です。

参加している同人誌サークルはさまざまなジャンルがあり、マンガ、アニメ、ゲームはもちろんアイドルや音楽グループの同人誌も多く出展しています。
同人誌のみだけではなく手作りアクセサリーやゴスロリなどのコスプレイヤー向けの衣装、更にはその衣装を身につけたコスプレイヤーも集まっています。

そのコミックマーケットは年々参加者が増えてきており、2013年に行われた夏開催のコミケでは3日間においてサークル参加数は約3万5000スペース、一般での参加者は59万人となりました。

コミケに参加する際にはさまざまな準備を行っておかなければ、目的の商品を手に入れることができません。
マナーを守って楽しむように心がけましょう。

コミケを開催する前にはカタログが発売されます。冊子、WEBカタログ、DVDROMなどさまざまです。
このカタログにルールが記載されていますので呼んでおくとよいでしょう。
更に、サークルの配置も書かれていますのでどこに回るのかを事前に把握しておくとよいでしょう。

実際にコミケに参加する当日ですが、コミックマーケットの理念として挙げられている「来場しているすべての人が参加者であってスタッフ、一般来場者、サークル参加者すべて対等である」ことを念頭にいれてルールとマナーを守って参加しなければなりません。

徹夜での並びは周辺住民の迷惑行為になりますし犯罪の巻き込まれる危険性があります。
開場時の走りこんでの来場は転倒の危険がありますので止めましょう。
これら2点の行為はカタログにも記載されている禁止行為となっています。

入場したらサークル参加者のもとで商品を購入していくのですが、ここでもマナーに気をつける点があります。

気になる同人誌を手にとって見たいときには一声かけるだけでも印象が変わります。
あくまで同じ参加者だということを忘れずにおきましょう。
コスプレイヤーの参加者にも一言写真撮影の可否を伺ってから撮影をして下さい。
コミケ会場にはスタッフも多く配置されています。

スタッフの指示には従うようにして下さい。
スタッフのほとんどがボランティアで行われています、スタッフも参加者だということを忘れずにおきましょう

ルールやマナーといっても難しいものではありません。
モラルを守ることによってどの参加者も、お互い楽しいコミケにすることが重要といえるでしょう。”