“ルールとマナーには最低限守らなければいけないという意味が込められています。決まりごとや常識として定義されていることに関してはたくさんあります。例えばゴミを道に捨ててはいけないということです。これは世間で守っていくルールであり、定義が存在します。また犯罪を犯してはいけないということも憲法上、法律上定められています。このように守らなければいけないことでしっかりと定められていれば守れてる人は多いです。
しかしこのルールとマナーには定義されていなく、しっかりと定められていないものも存在します。それは日常の生活で誰もがしています。しかしそれが当たり前と認識しているためあまり深く考えない場合もあります。それが挨拶です。挨拶はしなければいけないなどという決まりはないですが、誰もが必ずしています。これは暗黙の了解でしなければいけないことになっているからです。また公共の場では騒がないということも暗黙の了解で守られています。これは一般常識的に当たり前のことなのです。その当たり前と認識して行っていることがルールとマナーの暗黙の了解です。守らなければいけないという決まりはどこにもないですが、人々は大体その暗黙の了解を守っています。守れない人がいた場合、社会では批評されますが守らなければいけないと確実に記されているわけではないので、間違ってはいないのです。
社会に出るとこの定義されていないけど守らなければいけないということは必ずでてきますので日ごろから勉強しておくことが大事です。”